テーマカスタマイズに必須の子テーマの作成

この記事ではWordPressの子テーマの作成方法を説明しています。
子テーマの作成には2つのファイルが必要です。
WordPressの機能部分を管理しているfunctions.phpと外観部分をコントロールするstyle.cssの2つです。

style.cssに書き込むコード例

/*
 Theme Name:Fukasawa Child
 Template:fukasawa
*/

上記は一例です。このサイトではFukasawaというテーマを使用しているのでTheme NameにはFukasawa Childを入力します。
ご使用のテーマに応じてFukasawaの部分を変更してください。
(例えば、使用テーマがLightningの場合、Lightning Childと入力します)

Templateにはfukasawaと指定します。
ここで注意ですが、これはテーマのディレクトリ名が入ります。つまり、格納されているフォルダ名です。したがって、先頭が大文字のFukasawaではなく、fukasawaと入力します。

functions.phpに書き込むコード例

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
  wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style')
);
}
?>

上記のコードを入れることで親テーマのデザインを継承します。
以上の入力が終われば子テーマの作成は完了です。
WordPressの管理画面の「テーマ」より子テーマが存在するか確認してください。

子テーマの作成結果
子テーマのFukasawa Childが表示されている

子テーマの確認ができれば有効化してサイトを見てみましょう。
親テーマのデザインが継承されていることがわかります。これで子テーマの作成は完了です。WordPressのカスタマイズをお楽しみください。